magazine – – NIGAOE PETS

magazine — 猫砂

Blog Menu

おから猫砂のおすすめをご紹介!メリットやデメリットは?

おから猫砂のおすすめをご紹介!メリットやデメリットは?

おから猫砂は、猫と飼い主にメリットの多い猫砂です。安全性の高い素材が使われているうえに、軽くて安価な猫砂ならメンテナンスが行いやすいでしょう。しかし、おから猫砂を快適に使用するにはメリットだけでなくデメリットの把握も大切です。この記事では、おすすめのおから猫砂を紹介したうえでおから猫砂に関するメリットとデメリットを紹介します。

猫砂の種類の中で気になるおからの猫砂とは?

おから猫砂は名前の通り、おからが主原料の猫砂です。一昔前は猫砂の原料といえば鉱物であるベントナイトが主流でした。 しかし多くの方が猫と暮らすようになり、それぞれの猫の好みに合う猫砂が必要になりました。猫は種類によって特性が異なるうえに、個体によって性格や好みまで大きく異なります。

人間が猫のためを思って一生懸命選んだ猫砂でも、猫の好みに合わなければその猫砂を使ったトイレを使ってもらえません。猫砂が汚れているなど、衛生的な部分が重要な猫もいれば猫砂自体の匂いを気にする猫もいます。

このような多様なニーズに応えるために、たくさんの種類の猫砂が展開されました。おから猫砂は数多く展開される猫砂のなかでも、画期的で独特な存在です。おから猫砂はおから以外だと、コーンスターチや炭酸カルシウムが使用されています。

コーンスターチと炭酸カルシウムは、どちらも猫にとって安全な成分です。よって、おから猫砂は猫にとって安全性の高い物を使用して作られた猫砂だといえるでしょう。

おすすめの人気おから猫砂5選

ペットショップやネットショップで猫砂を探すと、たくさんの猫砂が見つかります。それだけに「たくさんありすぎてどれを選べば良いのかわからない」という悩みを持つ飼い主も多いです。 ここでは、おすすめのおから猫砂を紹介します。それぞれのおから猫砂の特徴を合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめ①常陸化工 おからの猫砂 グリーン


引用:Amazon

おからの猫砂 グリーンは、水洗トイレに流せる猫砂です。軽量で水に溶けやすく、燃えるゴミとして処分する場合も手間が少ないのがメリットです。 おからの猫砂には独特の匂いがありますが、おからの猫砂 グリーンは独特の匂いを低減しています。

また、安全性の高い原料にこだわって製造されているのも特徴です。 食品にも利用されるほどの高純度なおからを原料に使用されているため、綺麗好きで頻繁にグルーミングをする猫だとしても安全性が高いでしょう。

常陸化工 おからの猫砂 グリーンの口コミ・評判

飛び散りが少なく、お掃除しやすいです。多頭飼育の方に特にお勧めします。 引用元:https://www.amazon.co.jp/
いつもこの商品を使っています。消臭効果があるのでどこにでも置きやすいです。 引用元:https://www.amazon.co.jp/
Amazonをチェック

おすすめ②おからで瞬間吸収 チャーム消臭猫砂


引用:Amazon

おからで瞬間吸収 チャーム消臭猫砂は、乾燥おからとでんぷんのみで作られたおから猫砂です。浄化槽トイレには流せませんが、少量ずつであれば水洗トイレに流せます。 猫が用を足したあと、すぐに固まり始めるため消臭力が高いです。

おから猫砂の多くは固まるまでに時間がかかりますが、おからで瞬間吸収 チャーム消臭猫砂は比較的短い時間で固まり始めます。 吸水力が高いため、長時間経っても嫌な臭いを感じられにくいです。猫が用を足したあとなるべく早く掃除をしたい方だけでなく、日中家を出ることが多い方にも使いやすいおから猫砂です。

おからで瞬間吸収 チャーム消臭猫砂の口コミ・評判

おからの猫砂が身体に一番優しいと思い購入。消臭能力も固まり具合も文句ありません。ほこりっぽさはもちろんないし、何より安いので助かってます。 引用元:https://www.shopping-charm.jp/
今まで使っていたトイレ砂の中で一番使用後のにおいがしないです。 おしっこの固まり具合も問題なし。 今はこれしか使っておりません。 引用元:https://www.shopping-charm.jp/
Amazonをチェック

おすすめ③ライオン ニオイをとるおから砂


引用:Amazon

ライオン ニオイをとるおから砂は、トイレへの流しやすさにこだわったおから猫砂です。様々な試験によって、トイレへの流しやすさ基準を満たしています。 また、消臭力にもこだわったおから猫砂です。おからの中和効果でトイレの嫌な臭いを防ぐのはもちろん、ラベンダーの香りが添加されています。

猫砂を選ぶ基準として、消臭力を特に重視する方にもお使いいただけやすいでしょう。 猫砂自体が臭いを発しにくいだけでなくトイレにも流せるので、猫を飼っている臭いをなるべく低減したい方にもおすすめです。

ライオン ニオイをとるおから砂の口コミ・評判

水分を吸収した固まりは小さくまとまっていますし消臭能力も高いです。猫の性質、行動によりますが選択肢としては十分アリだと思います。 引用元:https://www.amazon.co.jp/
いろいろ使いました。この製品は、一番臭わない!消臭力素晴らしいです。 引用元:https://www.amazon.co.jp/
Amazonをチェック

おすすめ④トフカスサンドK 極める


引用:Amazon

トフカスサンドK 極めるは、消臭力と固まりやすさにこだわったおから猫砂です。原材料は、おからとでんぷんのみを使用しています。おからのフラボノイド効果によって消臭するため、安全性がとても高いです。 原材料のおからは、油脂分の少ない良質なもののみを使用しています。使用後は土に還る猫砂ですので、環境に優しくありたい方にもおすすめです。

トフカスサンドK 極めるの口コミ・評判

12年以上トフカスKを使ってます。他のおから砂に比べるとおから臭が薄いので、リビングで使っていても気になりません。 引用元:https://www.rakuten.co.jp/
汚れた所やふやけた部分をこまめに取り除きたまにざるにかけて細かい粉を落とせば全取り替えせずに継ぎ足しだけで済みます。 引用元:https://www.rakuten.co.jp/
Amazonをチェック

おすすめ⑤Super Cat プレミアム おからサンド


引用:Amazon

Super Cat プレミアム おからサンドは、原材料と製法にこだわったおから猫砂です。おから猫砂のデメリットである独特のおから臭が低減されています。 燃えるゴミに出せるうえに、水洗トイレに流すことも可能です。猫トイレの日常的なメンテナンスの負担を大幅に低減できるでしょう。

Super Cat プレミアム おからサンドの口コミ・評判

固まりやすくトイレに流す時も床に溢れる事がないので掃除する手間が省ける。 引用元:https://www.amazon.co.jp/
食品なので子猫が遊んで口にしても安心出来るところが気に入ってます。 引用元:https://www.amazon.co.jp/
Amazonをチェック

おからの猫砂の特徴【メリット】

おから猫砂は、使用する猫だけでなく管理する人間にもメリットが多い猫砂です。ここでは、おから猫砂のメリットを紹介します。

メリット①安全性が高い

おから猫砂の主原料は、おからです。つまり、大豆からできています。そのため、多少であれば猫が食べても健康被害が起きにくいです。 猫によっては、異嗜といって猫砂を食べてしまう個体がいます。飼っている猫が異嗜だったとしても、おから猫砂であれば悪影響が出にくいです。猫と長く一緒に過ごしたい方にとって、猫砂の安全性の高さは最も優先したいメリットでしょう。

メリット②値段が安い

おから猫砂は、他の原料でできた猫砂と比べても安価です。猫砂の値段は、猫と過ごすうえでランニングコストになります。大体の場合、1ヵ月に1回程度は全て取替えなくてはいけません。多くのおから猫砂は5Lで500~700円ほどです。 コストを気にせずにたっぷりと猫砂を使えるのは、清潔なトイレを使いたい猫にとっても嬉しいことでしょう。

メリット③後処理が楽

おから猫砂は、商品によってはおからとでんぷんくらいの天然素材のみの商品も多く展開されています。日常的なメンテナンスであれば、猫が用を足した部分だけ取り除けば十分です。 また、おから猫砂は燃えるゴミとして処理できるだけでなく、水洗トイレに流せる商品が多く展開されています。家に臭いのするものを置きたくない方でもトイレに流せると快適に過ごしやすいです。

メリット④持ち運びしやすい

おから猫砂は、他の原料でできた猫砂よりも軽いです。おから猫砂の原料であるおからは、豆腐や豆乳などの食品を作る際にできた産業廃棄物を再利用しています。 猫砂にする際にしっかり乾燥させているため、とても軽いです。急遽買い忘れに気付いた時にも、おから猫砂なら購入しやすいでしょう。

おからの猫砂の特徴【デメリット】

たくさんのメリットがあるおから猫砂ですが、利用の際にはデメリットにも注意しましょう。おから猫砂には、他の素材で作られた猫砂ではあまり感じられないデメリットがあります。 ここからはおから猫砂のデメリットを紹介しますので、致命的な部分がないか確認してみてください。あらかじめデメリットを認識しておくと快適に利用できます。

デメリット①固まるまで時間がかかる

おから猫砂はよく固まるものの、他の素材の猫砂と比べると固まるまでに時間がかかります。そのため、猫が用を足した直後に猫トイレの手入れをしようとするとボロボロと崩れる可能性が高いです。

そして、崩れてしまうと猫トイレのメンテナンスに余計な手間がかかってしまいます。これまでおから猫砂を使った経験がない方だと、戸惑いやすい特性です。

おから猫砂を崩さずに利用するには、少し時間が経過してからおから猫砂が固まったのを確認して猫トイレの掃除をしましょう。おから猫砂がよく固まるには間違いないため、掃除をするタイミングに気をつけてください。

デメリット②おから特有のニオイがある

おから猫砂には、大豆の独特な匂いがあります。飼い主である人間との相性だけでなく、神経質な性格の猫だと不向きと考える人も多いです。 また、安すぎる粗悪なおから猫砂だと腐敗したおからを加工しているケースもあります。腐敗したおからを加工していると、酸っぱさを感じる腐敗臭を感じやすいです。

おから猫砂にはおから独特の匂いを消すために香料を使用している商品もありますが、猫が猫砂を口に入れる癖があるなら避けたほうが良いでしょう。猫が猫砂を食べる癖がなくておから猫砂の匂いが気になる場合には、香りが添加されたおから猫砂はおすすめです。

デメリット③カビや虫が発生しやすい

おから猫砂はもとが食品に近いからこそ、腐敗するとカビや虫が発生しやすいです。特に、気温の高い夏場や湿気やすい梅雨時などは注意しましょう。腐敗しやすい時期には頻繁におから猫砂を全交換するなど、工夫が必要です。

猫の安全や健康のためにおからの猫砂を使ってみよう

この記事では、おから猫砂について紹介しました。快適におから猫砂を利用するには、デメリットの把握も大切です。一方で、おから猫砂は使用する猫だけでなく、管理を行う飼い主にもメリットの多いのも間違いありません。

おからが主原料であるおから猫砂であれば、万一猫が口にしてしまっても他の素材でできた猫砂と比べると猫に悪影響を及ぼしにくいでしょう。 ランニングコストが安く、軽量で扱いやすいおから猫砂なら猫トイレの日常的なメンテナンスがしやすいです。

猫トイレの管理に際する負担が軽くなれば、猫にも人間にも優しい生活が送れます。ぜひ、おから猫砂を取り入れて猫と人間に優しい生活を送ってみましょう!

猫砂おすすめ15選!安全性が高い・臭わない素材はどれ?選び方を解説

猫砂おすすめ15選!安全性が高い・臭わない素材はどれ?選び方を解説

猫を飼っていると、トイレ問題を抱える方も多いでしょう。最近では、臭いを抑えてくれる砂や衛生的に使用できる砂などもあります。しかし、種類も増えているのでどれを選んだら良いのか迷う方もいはずです。この記事では、臭わない猫砂のおすすめアイテムや選び方、素材なども詳しく解説していくので、参考にしてください。 

安全性・消臭力を比較!猫砂の素材5つ

引用:amazon

昔の猫砂といえば、グレーの細かい砂をイメージする方もいますが、最近では紙製、鉱物製、木製、シリカゲル、おからなど種類がさまざまです。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、トイレ砂の種類と特徴についてご紹介するので、どのタイプを選んだら良いのか迷っている方はこちらを参考にしてください。

種類①紙製

引用:amazon

再生パルプで作られている紙製のタイプは、トイレットペーパーと同じ素材のため、自宅のトイレに流すことができるのが最大のメリットです。自宅のトイレに流すことで、処理も楽になります。

ただし、猫用のトイレ砂は吸収性が抜群のため、一度に大量の砂を流してしまうとトイレ詰まりの原因となるので注意が必要です。一度に流す量は、一塊を目安にすることで、トイレ詰まりを防ぐことができます。

紙製の最大の魅力としては、排泄物を放置することなくトイレに流せることから、臭いが残りにくいということです。特に一人暮らしをしている方は、部屋が狭い分臭いが気になることもありますが、排泄する度に処理ができるため、臭いも気にならないことが多いです。

種類②鉱物製

引用:amazon

昔からあるタイプの鉱物製タイプは、排泄をした時に塊として残るため、処理がしやすいというメリットがあります。さらに、吸収性や防臭性にも優れているため、すぐに処理ができないという方にもおすすめです。

また、鉱物製は自然な砂に似ていることからどの猫にも対応できる万能タイプとなっており、性格を問わずに導入できるというのも魅力の一つです。 鉱物製の注意ポイントは、砂が細かいということです。

細かすぎると肉球に挟まり部屋中に転がることも珍しくありません。粉っぽさもあるので、こまめに掃除をしないと大変なことになります。

種類③木製

引用:amazon

自然な香りが特徴の木製の猫砂は、ひのきやパインウッドが原材料として使われることが多く、とにかく香りがとても良いです。排泄物の臭いを防ぐ効果が高く、フレッシュな空間を保つこともできるでしょう。

消臭効果に優れている木製タイプは、他の素材と比べると塊として残りづらく、処理をする際に崩れてしまうというデメリットもあります。排泄物を処理することに問題はありませんが、少し手間がかかります。

中には、燃えるゴミとして出すのではなく、土や自然に返せるタイプやトイレに流せるタイプもあるので、使いやすいタイプを選ぶのが良いでしょう。

種類④シリカゲル

引用:amazon

 シリカゲルは、砂におしっこを通過させ、臭いだけを取り去り、通過した排泄物は下に敷いてあるシートで吸収されます。他のタイプのようにおしっこをすることで砂が固まるわけではなく、砂を通して臭いを消すことができるため、高い消臭効果を期待できます。

また、うんちに含まれる水分も吸収し、乾燥したうんちを残すので、排泄物の処理も楽です。直接おしっこの塊を処理するのではなく、吸収しているシートの方を変えるだけなので手間も要りません。

中には、毎日シートを変えなく良いタイプもあり、月一程度の交換で済むタイプもあります。すぐに処理ができないという方にもおすすめで、こまめにトイレ掃除をしなくても良いのが最大のメリットです。

種類⑤おから

引用:amazon

 大豆が原料となっているおからは、口にしても大丈夫なほど安全性の高いタイプなので、猫が誤って食べてしまっても問題ありません。ホコリが舞うこともなく、トイレに流せることからトイレの処理も手軽です。

小さなお子様のいる家庭にも最適で、お子様だ万が一猫砂を触ってしまっても安心です。ただし、おから独特の香りがするめ、消臭効果よりもおからの香りが気になる方もいるため、購入する際には匂いを確かめてからにしましょう。

猫砂の選び方

続いて、猫砂の選び方についてご紹介します。猫砂のタイプで選ぶこともできますが、他にも注意すべきポイントはいくつかあります。ここでは、猫砂の選び方のポイントを見ていきましょう。

選び方①トイレの種類

引用:amazon

 猫砂を購入する際には、どのようなトイレを使用しているのかを確認してください。トイレの種類にはノーマルタイプとシステムタイプの2種類があり、トイレの種類に合わせて猫砂も選びます。

ノーマルタイは一層式になっており、構造がとてもシンプルです。簡単な作りのトイレなので、扱いやすく掃除もしやすいメリットがあります。また、トイレ砂は、おしっこが固まるタイプを使用するため、都度処理をする必要があるでしょう。 

引用:amazon

 トイレにそのまま流せるタイプかゴミとして処分するタイプか、これは猫砂の種類によって異なります。システムタイプは、2層式になっており、おしっこを猫砂に一度通して下の層に溜める仕組みとなっています。

下のシーツにおしっこが吸収されるため、都度処理をしなくてもよいメリットがあり、こまめに処理ができない方にもおすすめです。

中にはトイレとセットで猫砂を販売していることもあるので、どの組み合わせが良いのか分からない方は、メーカーが推奨している組み合わせで揃えと良いでしょう。

選び方②消臭力の高さ

こまめに処理ができず、排泄物の臭いが気になるという方は、消臭効果の高い猫砂を選ぶと良いです。最近の猫砂は、ほとんどの商品が消臭効果付きのタイプになるため、排泄物の臭いが気になるということも少なくなってきました。

ただし、その中でも特に消臭効果に優れているタイプ、フレッシュな香りが付いているタイプなど様々なので、好みで選ぶと良いでしょう。また、香りの強すぎるものだと、排泄物と混ざった時に嫌な臭いとなることもあるため、無臭で消臭に特化したタイプだと使いやすいです。

選び方③掃除のしやすさ

引用:amazon

猫砂はこまめに処理をする必要があり、またトイレのお手入れも欠かせません。このことを考慮し、なるべく掃除のしやすいタイプだと苦にならないのでおすすめです。

猫砂は、トイレに流るタイプ、月1程度取り替えるもの、きれいに使えるなど様々です。この中で自分がどのタイプだと使いやすいのか、どの機能性を重視するのかで選ぶタイプも異なります。

掃除のしやすさで言えば、トイレに流すだけ臭いが残らずに快適に過ごせるタイプが適しています。忙しくてこまめに掃除ができない方は月1交換するタイプがおすすめです。

【紙製】猫砂のおすすめ3選

ここからは、猫砂のおすすめアイテムを「紙製」「鉱物製」「木製」「シリカゲル」「おから」の種類別にご紹介していきます。 まだどの種類を選ぶか迷っている方、種類は決まったけど、実際にどの商品を購入したら良いのか悩んでいる方は、こちらも参考にしてください。まずは、比較的処理もしやすく一般的に使われている紙製のおすすめ猫砂からご紹介していきます。

おすすめ①新東北化学工業 猫砂 ペーパーズグリーン ひのきの香り

ひのきの香りが際立つ木製の猫砂で、おしっこをした後には砂が緑色に変わるため、お掃除をする目安が分かるだけでなく、どこにあるのかも一目で見つけられるので、お手入れの手間がいりません。

緑色のオシッコボールを取り除けば、残っている砂はそのまま継続して使用できるのもポイントです。おしっこが固まってスコップで取る際にも崩れにくいとの声もあり、お掃除がしやすいのも魅力です。

口コミ

オシッコが固まってスコップで取る際も崩れる事なく拾いやすい。安いし、消臭効果もありとても良いと思います。引用:amazon
オシッコは色が変わってわかりやすくて良いです。消臭効果はそこそこです。袋に溜めておいてゴミの収集日まで置いておくのは嫌なのでトイレに流せる事が1番有難いです。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ②アイリスオーヤマ トイレに流せる 紙の猫砂

トイレットペーパーにも使われている再生パルプを使用しているため、トイレに流すことができので処理も楽に行えます。特に消臭効果が高く、うんちをしても臭いがしないため、消臭力を重視ている方にもおすすめです。

粒の大きさが従来の物に比べて大きくなっているので、肉球に挟まりにくい工夫もされています。また、砂が飛び散りにくいことから、トイレ周りが汚れずに済みます。

口コミ

最初は凄く固まりました。使ってると固まりが、悪くなり消臭力も悪くなる感じはあります。まめに取り替えるべきなんですよね。引用:amazon
以前はトイレから出てくると体に粉が付いている時もありましたが、この砂にしてからはないです。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ③ペティオ トイレに流せる紙の猫砂

おしっこをした後に小さく固まるので、とても経済的な猫砂です。瞬間的な消臭力のあるデオンDと呼ばれる専用の消臭成分も含んでいるので、比較的消臭効果も高いです。

トイレに流すだけでなく、可燃ゴミとしても処理することができます。砂粒も小さいため、子猫のトイレ砂にも最適です。さらに、リサイクル材を使用していることから、ペットはもちろん人にも環境にも優しいのも特徴です。

口コミ

ゴミ出しよりトイレに流せるのがすごく楽です。引用:amazon
砂粒が小さいので猫ちゃんが気に入っているようです。トイレ直後でもほぼ臭わないし良い商品です。引用:amazon
Amazonをチェック

【鉱物製】猫砂のおすすめ3選

 続いてご紹介するのは、鉱物製のおすすめ猫砂です。鉱物製は、消臭力が高く、抗菌力もあることから衛生面を気にしている方におすすめのタイプでもあるので、臭いや衛生的なアイテムが気になる方はこちらを参考にしてください。

おすすめ①ライオン ニオイをとる砂

ガッチリと固まる鉱物製砂を使用し、24時間ニオイ菌をパワフル抗菌してくれる優れものです。消臭効果が特に高く、トイレ菌も抑えてくれるため、清潔な環境を常にキープすることもできるでしょう。 時間とともに発生するアンモニア臭も長時間抑えることも可能なので、家にいる時間が短く、こまめにトイレ掃除ができない方にもおすすめです。

口コミ

消臭力、吸収力、速乾性等、性能は軽量タイプよりこちらが上だと思います。臭くないし、塊も崩れない。引用:amazon
前に居た猫から25年使っています。消臭力、速乾性に優れた商品だと思います。飛び散りも少ない。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ②Catmania 鉱物系 ターキッシュホワイトの猫砂 

トルコで15年以上猫砂生産をしているメーカーの商品で、ホワイトベントナイトを利用した真っ白な猫砂がおしゃれだと大人気です。

見た目だけでなく、吸収性にも優れており、ガッチリ固まるのでお手入れも簡単に行えます。 汚れた部分だけを取り除けば良いので、衛生的かつ経済的なのも魅力です。何より見た目がおしゃれなので、清潔感も感じられます。

口コミ

ウンチの匂いはしっかりおさえてくれるので助かっています。引用:amazon
よく固まり崩れないので無駄が少ないです。単価は高めですが、品質には満足です。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ③ペットプロ 猫砂 オードロック

40日間消臭を持続することができるので、月1程度の取り替えで十分な猫砂です。カナダ製で超高品質な「オードロック」 粘土を使用しており、猫はもちろん人にも害のない優しい素材なので安心して使用できます。

また、優れた消臭効果で長期間臭いを防ぎ、吸収性も抜群なのも魅力です。猫の足に砂が付きにくいこともあり、部屋中に砂がこぼれるという悩みも解消できるでしょう。

口コミ

消臭と固まり、粉塵のなさ、猫トイレの底に粉が全くたまらず、ずっと綺麗な状態で、素晴らしいです。引用:amazon
湿気の少ないサラサラの砂で、一気に固まり、消臭効果も素晴らしく、何より毎日の手入れがしやすいです。引用:amazon
Amazonをチェック

【木製】猫砂のおすすめ3選

続いてご紹介するのは、木製タイプのおすすめ猫砂です。木製は、処理がしやすく衛生的なこともあり、こまめに取り替えをする必要もないので使い勝手抜群です。

おすすめ①常陸化工 トイレに流せる木製猫砂

大粒の砂なので、飛び散ったりトイレ周りに散らかる機会も少なく、どのタイプのトイレにも使用できます。おしっこの臭いだけでなく、うんちの臭いもしっかりと消臭してくれるのもポイントです。燃えるゴミに出せて、トイレにも流せるので衛生的で楽に処理ができます。

口コミ

オシッコだけでなくうんちの臭いもさほど気にならないし、おしっこの固まり方がいい。引用:amazon
粒がほどほどに大きく肉球に挟まることもないので、一緒に持って出ることもなく、お掃除も簡単です。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ②ペティオ 流せる固まる木の猫砂

引用:amazon

おしっこが小さく固まるので、少量の砂で処理が可能です。おしっこを吸収した部分だけトイレに流せば良いため、処理も手軽なのが嬉しいです。 リサイクル材の木粉を主原料とし、猫だけでなく環境にも優しく、子猫にも安心して使用できます。もちろん、消臭効果もあり、うんちの臭いもしっかり消臭してくれます。

口コミ

猫のオシッコは臭いがキツイですが、この猫砂使い出してからかなり緩和された気がします。小さく固まって取りやすいです。引用:amazon
いろいろな猫砂を試していますが、コスパが良くてリピート中です。固まりやすさは最初はグッド。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ③花王 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ

猫のことを一番に考えて設計された木製タイプの猫砂で、高い脱臭と抗菌効果が期待できます。ニオイや菌の発生を抑える効果を持つ成分も含んでおり、針葉樹の木材を主原料としていて優しい素材なのもポイントです。

尿で固まらないから取り除く手間がなく、尿を残すことなくサラサラな状態をキープしてくれるため、常に清潔な環境を保つこともできます。システムトイレ各社共通で使用可能なので、トイレの種類を選ばないのも嬉しいものです。

口コミ

色々砂はかいましたが1番臭わないです。あと粒が大きいので、トイレから出ても拾いやすく、うんちへのへばりつきも少ないような。おすすめです。引用:amazon
初めて買いましたが普通に良かったです。粒も大きめで散らかりにくく、臭いも気にならなかったです。引用:amazon
Amazonをチェック

【シリカゲル】猫砂のおすすめ3選

次に、シリカゲルのおすすめ猫砂をご紹介します。シリカゲルは、おしっこを通過させてシーツに吸収させるタイプになり、同時に臭いもしっかり消臭してくれるので、手間要らずなタイプです。

おすすめ①アイリスオーヤマ 猫砂 シリカゲルサンド

シリカゲルがしっかりとおしっこやうんちの水分を吸収してくれるため、こまめに処理をしなくても清潔な環境をキープすることができます。

また、水分をしっかり取ってくれるので、うんちも固まり、処理もしやすいです。 木製などの猫砂に混ぜて、脱臭剤として使用することも可能で、他のアイテムを組み合わせることでより強力な消臭効果も期待できるでしょう。

口コミ

比較的粉が舞いやすく、湿度が高い日は臭いも気になります。このお値段でももう少し出せばもっと質のいい物が手に入ると思います。引用:amazon
粒が大きいのと小さいのが混じってます。大きいのはいいですが、小さいのは肉球に付いてくるので以前使っていたものより床に散らばる気がします。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ②ユニ・チャーム デオトイレ 消臭サンド シリカゲル

 

約1ヶ月交換不要なのに、おしっこをした後素早く下層通過させ、シーツに吸収させます。臭いもほとんど気になることなく、普段はシーツを取り替えるだけなので手間要らずです。

猫砂は1ヶ月ほど放置しても臭いが気になりにくく、うんちをした時はうんちだけを取り除けば良いので経済的です。消臭効果も施されているので、1週間しっかりと消臭してくれるでしょう。

口コミ

おしっこがすぐに乾いてさらさらになります。そしてほとんどにおいません。引用:amazon
軽くて、消臭力は完璧だと思います。丸い粒なので本当に散らかります。ほうきで掃いても良く転がります。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ③ジョイペット 猫砂 シリカサンドクラッシュ

引用:amazon

高性能シリカゲルを使用しているので、高い消臭効果を期待できます。また、尿をした部分は茶色に変化するので、一目で分かるので使いやすいです。

口コミ

シリカゲルなので、臭い等も気にならず気に入ってますが、やはり1ヶ月前には取り替えて上げたくなります。引用:amazon
スケルトンなので、飛散した際はよくある猫砂に比べて目立ちにくいです。引用:amazon
Amazonをチェック

【おから】猫砂のおすすめ3選

最後は、おからタイプのおすすめ猫砂をご紹介します。食べられる素材を主原料としているので、何より安全性を重視したい方はこちらを参考にしてください。

おすすめ①常陸化工 おからの猫砂グリーン

水に溶けやすい原料なので、トイレ詰まりを気にすることなく処理ができるのが魅力です。もちろん、燃えるゴミとしても処理ができ、堆肥として再利用することもできます。しっかりと固めて臭いも消臭してくれるため、おしっこの臭いも気になりません。

口コミ

おからで出来ているから、トイレに流せるのも素晴らしいが、消臭、吸水が凄い。速乾性は少し劣りますが、気になりません。引用:amazon
猫が、トイレの外に出したりしますが、粒が粉になりにくいので掃除機のフィルターがつまらないので、非常に助かります。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ②DCM 猫砂 固まる猫砂 おから

 

臭いの消臭に長けた構造でしっかり消臭してくれるおからタイプの猫砂です。おしっこをした場所だけ固まり、その部分のみを取り除けば処理が完了します。紙砂だから軽量で持ち歩きしやすいのも特徴です。

口コミ

わが家にはこの砂が一番良いです。よく固まり掃除しやすく、飛び散りにくいです。おからなので安心です。引用:amazon
今までいろいろ使用してきましたが、この製品が猫も気に入っているようで飼い主としても一番安心して使えます。引用:amazon
Amazonをチェック

おすすめ③新東北化学工業 猫砂 フォーキャットおから

 

超吸収チューブタイプが特徴で、しっかり固まって飛び散りにくい粒形状だから、トイレ周りに散らかることもありません。また、肉球に挟まることもなく、さらにお掃除がしやすいでしょう。

口コミ

排泄物の匂いより、チップの匂いの方が強いので、ウンチの匂いは、あまり気にならないかもしれないです。引用:amazon
軽くて扱いやすい。猫達も砂が変わっても気にせず使っていて、消臭もなかなか良い。引用:amazon
Amazonをチェック

安全で臭わない猫砂を見つけて快適に過ごそう!

今の猫砂は、どれも使いやすく消臭効果も期待できるので、飼っている猫の性格などに合わせて、処理のしやすいタイプを選ぶようにしましょう。

関連する記事はこちら!

おから猫砂のおすすめをご紹介!メリットやデメリットは?

システムトイレ用猫砂おすすめ8選!飛び散らない・臭わない最強猫砂をチェック!