magazine – – NIGAOE PETS

magazine — 確率

Blog Menu

三毛猫のオスは値段が高い?!珍しい理由を徹底解説

mikeneko

三毛猫と言えば、典型的な日本の猫として人気と知名度がありますが、実はオスは珍しく値段が高という事はご存じだったでしょうか?これはすなわち、大半の三毛猫はメスであるのを意味しています。本記事では、なぜ三毛猫のオスは珍しく値段が高くなるのかについて解説します。

【PR】可愛いペットでうちの子グッズを作ろう!NIGAOE PETS

NIGAOE PETSでは皆さまの愛するペットの写真を使ってうちの子グッズをお作りしています。犬や猫はもちろん、ハムスターやチンチラなど動物であればなんでもOK!注文方法は簡単で、ペットの写真をアップロードするだけで可愛いオリジナルグッズが作成できます。

アイテムは大人気のキーチェーンやペットの似顔絵で作る額縁付きキャンバス、マグカップなど多くの商品を取り揃えております。似顔絵はプロアーティストが書いてくれるので高品質。

毎月Instagramで無料のプレゼント企画も行っておりますので是非覗いていってください。

NIGAOE PETS公式サイトはこちら

三毛猫とは

まず三毛猫というのは、特定の猫種を指すものではなく。毛色を3つ持っているネコの事を指します。大抵は白と茶色、そして黒色の毛色を持っている三毛猫が多く見られ、実際に日本でもこの3色の毛色を持っている猫が多いです。

ただ、この三色の毛色だけではなく、白と焦げ茶色、薄茶色の「キジ三毛」と呼ばれる色の組み合わせの三毛猫もいれば、白、茶色、黒の基本三色に縞模様が入っている「縞三毛」、白の割合が多い「トビ三毛」なども居ます。

三毛猫自体は日本でよく見られているとおり、国内が原産であると言われています。しかし、それゆえに見かけるのは珍しくないのですが、実は海外では比較的珍しい様です。「キャリコ」「トーティ・アンド・ホワイト」といった呼ばれ方をしています。

三毛猫の雄は珍しい?その理由とは

三毛猫を見る事自体は、日本であればそこまで珍しい話ではありません。しかし、性別がオスとなると話は変わってきて、珍しくなるのです。なぜオスの三毛猫が希少と言われているのかを解説します。

理由①三毛猫はほとんどがメス

そもそも、三毛猫というのはそのほとんどがメスなのです。三毛猫はメスが生まれる確率が非常に高く、大抵の人が見かけた三毛猫はほぼ100%メスと言えます。それだけ多くのメス猫が生まれるのは、染色体が関係しています。

三毛猫の染色体には、3色の毛色を持てる遺伝子の染色体があり、この染色体自体は基本的にメス猫のみが持てるものなのです。 三毛猫でオスが生まれるのは、この染色体に異常が起きた時のみとなります。

この異常が起きるというのは、所謂突然変異に相当します。親猫から染色体を1本多くもらって、配列が「XXY」になります。これをクラインフェルター症候群と言い、三毛猫のみならず人間やその他の動物にも発生します。

理由②雄が生れる確率は1/30000匹

珍しいというからにはさぞ生まれる確率も低いだろうと思われるでしょうが、実際に三毛猫のオスが生まれる確率は3万分の1、すなわち3万匹に1匹しかいないと言われています。

これほどまでにオスが生まれにくいのには、先に解説した染色体が関係しています。人間を含めて、動物の性別を決定するのは性染色体であり、女性の場合の組み合わせは「XX」、男性の場合は「XY」となります。

子どもの猫は、生まれる際に両親から1つずつ色の遺伝子をもらい、この組み合わせによって毛色が決定します。ただ、三毛猫の遺伝子の場合にはA遺伝子とa遺伝子という、2つの遺伝子を持ち合わせている必要があります。 この2つの遺伝子は、基本的にメスのものであるX染色体上にしか存在できないために、X染色体が1つしかないオスは三毛猫になり得ないのです。

これが、オスの三毛猫が生まれにくい理由です。 故にオスは毛色が単色、もしくは2色のみとなりますが、染色体の突然変異によって「XXY」になった場合にのみ、オスの三毛猫が生まれます。この突然変異自体が非常に起きにくいために、オスの三毛猫はほとんど見られません。

三毛猫のオスの値段

三毛猫のオスが3万匹に1匹という、非常に低い確率でしか生まれないのはお分かりいただけたでしょう。毎日動物を診ている獣医ですらめったにお目にかかれないとされているほどなのですが、それほど珍しいのなら値段をつけるとしても高額になると思われるでしょう。

三毛猫のオスの値段の相場は?

希少さが突き抜けているレベルであるために、一般的なペットショップなどでもオスの三毛猫を見る事はできませんし、売っているのを見たことがある人もおそらくないでしょう。

一般の方では購入できない特別なルートがあるのか、といった推測をされるかもしれませんが、三毛猫というのは品種自体定められておらず雑種扱いとなりますので、雌雄を問わずペットショップでは売られていません。 すなわち、どんな人であってもオスの三毛猫を購入するという事は出来ず、それゆえに値段の相場なども決定していないのです。

純血種の三毛猫のオスの値段

であれば、純血種の三毛猫のオスであれば目が飛び出るほどの値段を確認できると思われるかもしれませんが、残念ながら雑種の場合にはほぼ0円と、値段そのものが付きません。 その理由は、日本の猫自体に純血種と言える種がほぼ存在していないからです。

すなわち、身の回りに居る日本の野良猫は、見かけるほぼすべてが雑種になります。 三毛猫もその例に漏れず雑種であり、そうなると血統書が付きません。血統も何も最初から雑種であるゆえに、純潔であるという証明ができないのです。

三毛猫のオスのオークションでの値段

正規の方法では三毛猫に値段はつけられませんが、オークションとなると話は別です。野良猫で3千万円以上の値が付いた、2,000万円以上で取引されているのを見たことがある、といった声があります。

一匹の猫にこれほどの値段が付くというのは、驚きしかありません。 実例として取引がされた記録もあると言われていて、アメリカで行われたオークションで実際に2千万円の値が付いた、といった事があり、更には日本のテレビ番組で2,000万円のオスの三毛猫が紹介されたこともあります。

野良の三毛猫のオスを見つけたら販売できるの?

確率が低いことこの上ないので現実的では無いものの、もしもの話として野良で三毛猫のオスを見つけた時、オークションで非常に高い値段が付くのなら販売できるのでは、と思うかもしれませんが、実際に売れる確率は0%となります。

その理由は、先の述べた通りペットショップで雑種の三毛猫を買い取ってくれる可能性はほぼゼロですし、ヤフオクをはじめとしたオークションでは猫を含めた生物の売買は禁止、そしてペットオークションを利用するにも、資格が必要だからです。

それゆえに、もしオスの三毛猫を見つけたとしても、売りたいからと言って拾ったり保護をするのは止めましょう。売るのではなく保護を考えているのならば、近くの動物病院やペットショップなどに相談をしてみると良いでしょう。

生殖能力を持つ三毛猫は更に貴重

オスの三毛猫というだけでとても希少であるのはこれまでにご紹介した通りですが、正常な生殖能力を持っているオスとなれば、輪をかけて貴重になります。これにも、染色体異常や突然変異が関係しています。

先に述べた通り、オスの三毛猫はクラインフェルター症候群という極めて確率の低い染色体異常が起きた時に生まれます。生まれの時点で染色体異常が起きているので、正常な生殖能力を持たない傾向があるとされています。 また、短命になってしまうなど生物として非常に生きにくいハンデを抱えているケースもあります。

ただ、遺伝子組み換えやモザイク染色体等の他の理由で生まれた場合、生殖能力を持つケースは自然発生と比べて確率が高い様です。

三毛猫のオスの値段が高い理由には言い伝えも関係している?

生殖能力を持たず、短命になる可能性が高いオスの三毛猫ですが、実は縁起がいい動物として言い伝えられており「招き猫が如く幸運を招く」「災難から守ってくれる」「金運が良くなる」となど人に幸福をもたらすと言われてきました。 漁師の間でも、オスの三毛猫が船に乗ると大漁が約束されるという言い伝えであったり、嵐に合わずに無事に帰れるといった話もあります。

実際、1956年に出発した南極観測隊にも、縁起がいいからと一般人からオスの三毛猫が送られたそうです。 値段が付くかどうかはさておいて、お目にかかるのも一生に内にあるかどうかわからない、という確率でしか生まれてきませんので、神秘的な意味合いが込められるようになったと考えられます。

三毛猫のオスに並ぶ値段の高い猫

オスの三毛猫以外にも、非常に値段が高くつく猫が居ます。例えば「アシェラ」という猫が居て、アフリカンサーバルキャットとアジアンレパードキャットとイエネコのハイブリッドによって生まれた猫であり、1,200万円という高値が付きます。

他にも、サーバルキャットとイエネコのハイブリッドのサバンナキャットが600万円、野生のヤマネコと短毛のイエネコのハイブリッドであるベンガルという猫も300万円というように、車が買えそうな値段の猫が世界には居るのです。

三毛猫のオスは高額だが野良の場合は値段がつかない

野良の場合は値段が付かないとしても、三毛猫のオスが非常に希少な存在である理由を解説しました。もし、発見したとしても販売をせず、保護をするか相談をするかといったように他の猫と同じような扱いをしてあげてください。