magazine – – NIGAOE PETS

magazine — ノウハウ

Blog Menu

しっぽの動きに込められた猫の気持ちを徹底解説♡喜怒哀楽がしっぽでわかる?

しっぽの動きに込められた猫の気持ちを徹底解説♡喜怒哀楽がしっぽでわかる?

可愛い我が家の愛猫、そのときの気分など気持ちを汲み取ることができればもっとコミュニケーションを取ることができると思いませんか。長く付き合いがあれば「なんとなくこういう気分」ということは分かっても、正確には理解できません。そこで注目するのがしっぽです。猫のしっぽには様々な気持ちが込められているので、動きを見て喜怒哀楽を把握してみましょう。

 

猫のしっぽの役割は?動きで喜怒哀楽がわかる?

猫のしっぽはゆらりとゆっくり動いたりパタパタと激しく動いたりと、かなり表情豊かな部位です。しっぽは色々な役割を果たすと共に、喜怒哀楽を理解することに役立ちます。猫の考えていることを知りたいなら、まずはしっぽについて理解してみましょう。

大事なコミュニケーションツールの1つ

猫のしっぽは猫同士や飼い主さんに対して気持ちを伝達するための部位、様々な動きで「嬉しい」や「怒っている」などの感情を表しています。 しっぽの動きは猫の感情を読み取るのに分かりやすい部位であり、その動きを把握していればかまってほしい、嫌がっているなど、そのときの気持ちを知ることができます。

防寒やバランスを保つ役割もあり

コミュニケーションツールの1つであるだけでなく、猫のしっぽは防寒やバランスを保つ役割も果たします。猫は高いところに登ったり、足場の悪い場所や狭いところを通ることが多いですが、安定した移動を行っています。

しっぽを左右に振って身体の均衡を保ち、狭い場所でもスムーズに移動します。人が平均台のような狭い幅を通るときに腕を伸ばしてバランスを取るのと同じ行動です。 また、寒い日にはしっぽで顔を覆ったり身体に巻き付けてマフラーのように防寒対策としての役割もしています。

しっぽの動きに込められた猫の気持ちを徹底解説

バランスと取ったり防寒としての役割を果たすしっぽですが、コミュニケーションツールとしても使われているということは、しっぽの動きを見れば猫の感情が把握しやすくなります。しっぽの動きを観察して猫の気持ちを理解してみましょう。

しっぽで分かる猫の気持ち①しっぽをピーンと立てる

猫がしっぽをピーンと上に上がっているときは甘えたい、かまってほしいときなど好意を示すサインです。しっぽがピーンと立っているときを良く観察してみると、飼い主さんの足にすり寄って喉を鳴らして甘えたり、ごはんやおやつのおねだりをしていることが多くなっています。

食べ物のおねだりではないときは、甘えたいのでたくさんかまってあげると喜ぶでしょう。また、子猫が母猫に甘えるときや、成猫同士の挨拶でも見られます。

しっぽで分かる猫の気持ち②しっぽをダランと下げる

しっぽが脱力してダランと下がっているときはしょんぼりと落ち込んだり、体調が悪い・元気がないときです。怒られたときやなにかに落ち込んだときに人がうつむくように、猫のしっぽも下がります。

もししっぽがダランと下がっているときに食欲がない、元気がなくいつもと様子が違う、と感じたら体調不良の可能性もあるので動物病院で診てもらいましょう。水平よりも少しだけ下がっているのは穏やかな、通常状態なので心配ありません。

しっぽで分かる猫の気持ち③しっぽを大きくゆっくりと振る

しっぽ全体をゆらゆらさせるのは、ご機嫌でリラックスしている、落ち着いた様子のときです。日向やお気に入りの寝床、飼い主さんの膝の上などでまどろんでいるときなどに見られます。

熟睡まではいかなくても、ウトウトと心地良さそうにしてときはあまり構わず、そっとしておくと良いでしょう。意識した動きというより、鼻歌のような自然に出る行動です。また、母猫がしっぽで子猫を遊んであげるときにも大きくゆっくり振る場合があります。

しっぽで分かる猫の気持ち④しっぽの先をパタパタと動かす

しっぽの先だけをせわしなくパタパタと動かすのは、何かに興味がある、考え事をしているときなどです。寝転んだり座っているときに名前を呼んだら、寄ってこないけれどしっぽの先を動かすことはありませんか。 これは聞こえているけれど動くのが面倒なときの返事でもあります。

また、窓の外を見て動いているときは興味を惹かれるものがあるけれど、行こうか迷っている仕草です。 この仕草をしているときは、その場から動くのが面倒なときの返事や、何かに集中しているときに見られる行動なので、しばらく放置しておきましょう。

しっぽで分かる猫の気持ち⑤しっぽがボワッと膨らむ

しっぽがボワッと膨らむのはよく知られる仕草で、怒っているときや驚いたとき、恐怖感で毛が膨張します。猫同士の喧嘩でも見られるもので、緊張感が高まったときに発動します。

しっぽの毛を膨らますことで自身を大きく見せる、威嚇行動のひとつでもあります。しっぽを膨らませてしっぽがピンと立っているときは攻撃的になっているので無闇に触らないようにしてください。

逆にしっぽが膨らんでいていても下がっている、お腹に巻きつけているときは身を守っている姿勢です。雷や大きな物音にびっくりしてしっぽを膨らませたときは、怖がっているのでそっと近付いて優しく声をかけ、落ち着かせてあげるのも良いでしょう。

しっぽで分かる猫の気持ち⑥しっぽをくねくねさせる

ワクワクしている気分のときはしっぽがくねくねと動きます。リラックスしていたり、気分が良いときにもくねくねとさせています。 この状態で近付いてきたときは、楽しい気分で「遊んで」のサインかもしれません。手が空いていれば思う存分遊んであげるのもおすすめです。

しっぽで分かる猫の気持ち⑦前足を隠すようにしっぽを巻く

猫が座っているときに、前足を隠すようにしっぽを巻いているのはくつろいだ状態のときで、比較的落ち着いた気持ちです。安心感があり、ぼーっとしていることもあるので、構わず少し離れた場所から眺める程度にしておきましょう。

しっぽで分かる猫の気持ち⑧しっぽをバタバタ激しく振る

しっぽを左右にバタバタ激しく振るのは不満がある、イライラしている仕草です。床にバシバシと叩きつけている状態の猫を構うと、ストレスが溜まってしまうだけでなく、攻撃的になっていることもあります。

人間でもイライラしているときに絡まれると、余計にイライラしてストレスがMAXになるのと同じで、しっぽをバタバタと激しく振っているときはあまり近付かないようにしましょう。

しっぽで分かる猫の気持ち⑨しっぽを足の間に挟み込む

しっぽを足の間に挟み込んでいるのは恐怖、怖いときや怯えているときのサインです。自分を小さく見せて敗北や服従・降参を意味する、緊張しているときなどにも見られます。

また、身体を小さく見せるだけでなく、しっぽで匂いを出す肛門腺を塞ぐことで敵に気付かれないようにしているのです。キツく叱られたときや大きな音・光に怯えたとき、見知らぬ場所や知らない人に会ったときに出ることがあり、このようなときは静かで安心できる場所にそっと誘導して静かに過ごさせてください。

しっぽを足の間に挟み込むと同時に小刻みに震えている、微動だにしないときは最大限に怖がっているのでそっとしといてあげましょう。無理にかまったり、突然触れるとパニックになるので注意してください。

しっぽで分かる猫の気持ち⑩抱っこした時に激しく振る

猫を抱っこしたときに大人しくしているけれど、しっぽを荒々しく振っているのは嫌がっている、早く離して・降ろしてほしいときです。 抱っこしていない状態でしっぽをバタバタ振っているのはイライラしているサインですが、抱っこしているときも同じで、「今は抱っこの気分じゃない」「降ろして」と抗議しているのです。

そのままいつまでも抱っこした状態だと、噛み付いたり引っかかれることもあるのですぐに離してあげましょう。激しくバタバタと振っているときは嫌がっていますが、逆にゆったりと柔らかに振っているときは嬉しいときなので思う存分抱っこしてあげてください。

しっぽで分かる猫の気持ち⑪抱っこした時にお腹にくっつける

抱っこしたときにしっぽをお腹にくっつけているのは、しっぽを足の間に挟み込んでいるとき同様に怖がっている状態です。怖がっていなくてもリラックスができていないときに取る行動なので、無理に抱っこせず降ろしてあげると良いでしょう。

抱っこに慣れていない猫や、あまり親しくない人が抱っこすると「落ち着かない」「嫌だな」という気持ちがしっぽに現れているのです。 お腹は猫にとっても弱点・急所となる場所であり、そこを隠すのは防御の姿勢を意味し、猫にとっても好ましくないときなので、すぐに離してあげましょう。

猫のしっぽを触る時は注意が必要

自由自在に動く猫のしっぽは時として人の興味を誘います。モフモフふわふわのしっぽを触りたくなる気持ちも分かりますが、猫のしっぽには根本から先まで神経が通っているので注意しなければいけません。

かなりデリケードな部分なので触られることに抵抗があり、しっぽを触られるのは非常にストレスになります。また、強く握る、踏むなど強い衝撃を与えると足などの下半身に障害が出る可能性も少なくありません。

特に小さなお子様は力の加減が難しいので、不要にしっぽを掴まないように注意してください。神経が通っているしっぽの扱いは気をつける必要がありますが、実はしっぽの付け根は触ると喜ぶ猫も少なくありません。

しっぽの付け根を撫でたりトントンと軽く叩くことでマッサージされているような感覚で適度な刺激となり心地よく感じることもあります。しかしなかには嫌がる猫もいるので様子を見ながらチャレンジしてみましょう。

しっぽの動きから猫の気持ちを読み取ろう!

言葉は喋れなくても動きを良く観察することでどんな気分なのか、感情が現れやすいしっぽは、猫と飼い主さんのコミュニケーションを取るのに役立ちます。しっぽの動きに注意して、猫の気持ちを読み取ってみましょう。